読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Facebookは好決算で株価で13%上昇。1日の動画視聴時間は1億時間に。

皆様、こんにちは!
決算シーズンということで、今日は今朝発表されたFacebookの決算についてまとめたいと思います!

まずは数字のサマリーです。
売上高は前年同期比52%増、営業利益は前年同期比126%増といずれも前四半期から加速する好決算で、株価は時間外で13%上昇しています。また、主要KPIであるDAUは前年同期比17%増と引き続きモメンタムを維持しており、ユーザーあたり売上は前年同期比33%増と大きく増加しています。

f:id:takaship999999:20160128111235p:plain

2013年3Q以来初めて広告在庫数がプラス基調に

広告売上の主要KPIである広告価格と広告在庫数に関して、広告価格は前年同期比21%増、広告在庫数は前年同期比29%増と発表されました。広告枠の多いPCから相対的に少ないモバイルにシフトするなかで、広告在庫数の減少トレンドが続いておりましたが、広告在庫数は2013年3Q以来初めてプラスに転じました。一方、広告価格に関しては、相対的に広告単価の高いモバイル広告(ニュースフィード中心)の構成比が増えることで、引き続き増加基調が続いています。

 f:id:takaship999999:20160128111343p:plain

 

マッチングのクリエイティブの強化により、ユーザーエンゲージメントを下げない形で広告表示率を向上
広告在庫数が増えている背景として、DAUが拡大している点もありますが、会社側の説明によると、広告表示率が上がっていることも背景として挙げられています。Facebookはユーザーエンゲージメントを重要視しており、当初は広告表示回数を抑えてきましたが、アルゴリズムの改良でユーザーと親和性のある広告を表示する精度を高めたり、広告クリエイティブのクオリティを高めたりすることで、ユーザーエンゲージメントを下げないように広告表示率を上げてきたと説明しています。傘下のInstagramでも同様の取り組みが行われており、今四半期はこうした取り組みが特に顕在化した格好です。
現状、Facebookに出稿する広告主は250万社だそうですが、Facebookページをアクティブに運用している事業主は5,000万社存在するということで、今後の伸びしろは大きいと説明しています。

 

Facebookで毎日1億時間分の動画を視聴
会社側によると、Facebook上で毎日5億人のユーザーが、1億時間分の動画を視聴しているとのこと。1人あたり1日12分見ている計算で、意外と長い印象です。動画広告の広告主はブランド広告主から、ダイレクトマーケティング系、中小企業まで幅広い広告主が興味を示しているとのこと。Facebookの場合、ニュースフィード上の自動再生だと音が出ず(かつつまらないと飛ばされる)、そしてクリックされると音付きの動画が流れる仕組みになっているため、こうしたFacebook独特のフォーマットに適したクリエイティブの開発が今後色々と出てくるのだろうなぁと思います。

 

動画視聴専用の場を提供する計画?
会社側によると、今後の動画領域におけるサービスとして、先週ブログでも紹介したSuggested Video(Facebook上でオススメ動画としてニュースフィード上に登場し、それによって生じた広告収益の一部がコンテンツ提供者に還元されるプログラム、当面はFacebookが認定したコンテンツ提供者限定)に加えて、動画を見たいときに動画を見れるような場を提供していくとのことです。Facebook上の動画のポータルサイトのような機能を取り入れていくのか、どういったサービスかは未知数ですが、今後の動向に注目したいと思ってます。

それではまた!