読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マルチプラットフォームへ拡大するTastemadeを徹底研究!

皆様、こんにちは!
前回はFacebook動画の成功事例としてTastemadeをご紹介させて頂きましたが、今回はそのTastemadeについて、更に深堀りして紹介していきたいと思います!

f:id:takaship999999:20160121222720p:plain

大手MCNとは一線を画し、動画制作チームの強化に投資

先週もお伝えした通り、Tastemadeは2012年に食べ物と料理に特化したMCNとして誕生しました。ただ、ジャンルに特化していることもあり、MCNの規模としては月間4.5億再生(2015年12月時点、各種記事より)とそれほど大きくありません。なお、当社は2015年8月時点で月間再生回数は10億回を超えております。
しかし、そんなTastemadeが注目されているのは自社コンテンツで大きな成功を収めてきたからです。一般的に、海外大手のMCNの多くは所属するYouTuberを活用したタイアッププロモーションを獲得することを主な収益源としており、そのためにも所属YouTuberの拡大や海外MCNとの提携や買収、営業人員の強化を積極的に行ってきました。一方、Tastemadeはそんな大手MCNの戦略とは一線を画し、自社の動画制作チームの強化に投資してきました。

動画制作チームを活かし、MCN事業だけでなく、自社コンテンツ作りに注力

そして、自社の動画制作チームを活用し、広告主向けのオリジナルコンテンツ作りに注力してきました。同社のHPではこれまで制作してきた22シリーズものオリジナルコンテンツが掲載されています。いくつかのコンテンツはスポンサーがついており、例えば「Local Flight」は主演のShawn Thomasが様々な都市を訪れ、そこで新たなカクテル出会うという内容ですが、Grey Goose(ウォッカのブランド)がスポンサーとしてついています。また、「The Grill Iron」は主演のJax Tranchidaが様々な大学のフットボールチームを訪れ、現地の食材を使った料理を作るという内容ですが、自動車メーカーのHyundaiがスポンサーとしてついています。両番組ともスポンサーの商品が映し出されるのはほんのわずかで完全にコンテンツに溶け込んでいますが、こうした番組のスポンサーとなることで若者のブランドイメージを高めることが目的としてあるように思われます。こうしたブランドコンテンツは今後ますます需要は伸びていくと思われるため、Tastemadeに対する引き合いも強いでしょう。そして、Tastemadeはこうしたスポンサー付きコンテンツ含め、自社コンテンツを自社HPやYouTubeチャンネル、最近ではFBページで配信することによって、自社コンテンツの露出を高めてきました。

www.youtube.com

youtu.be

 

2015年は大型ディールを次々と獲得。MCNとして初めてApple TVに採用。

こうした自社コンテンツのクオリティへの評価の高さから、Tastemadeは昨年多くの大型ディールを獲得いたしました。まずはAppleTVへの採用です。同社は昨年よりAppleTVにおいてTastemade TVというチャンネルを展開しており、これまでの自社コンテンツをシリーズごとにつなぎ合わせて配信したり、新しいエピソードを配信したりしています。Tastemade以外でApple TVにチャンネルを持つMCNはなく、これは大きな快挙と言えるでしょう。

f:id:takaship999999:20160121223008p:plain

(出所:Tastemade - Now Playing on Apple TV ... Tastemade)

FacebookではSuggested Videos及びAnthologyプログラムのパートナーに選定

また、FacebookではSuggested Videos (Facebook上でオススメ動画としてニュースフィード上に登場し、それによって生じた広告収益の一部がコンテンツ提供者に還元されるプログラム)のコンテンツ提供者に選定されました。また、Anthologyプログラムという広告主向けブランドコンテンツをFacebook上で展開するプログラムの中で、ブランドコンテンツ作りを手伝うパートナー(Facebook Marketing Partner)として、7社のうち1社に選定されました。これも大きな快挙です。

f:id:takaship999999:20160121223657p:plain

(出所:https://www.facebook.com/business/news/anthology)

SnapchatのDiscoveryのパートナーとしても選定
以前ご紹介したSnapchatのDiscoveryにおいても大手メディアに交じって17社中の1社に選定されています。

f:id:takaship999999:20160121224025p:plain

 

短編動画から長編動画までマルチプラットフォームへ動画を展開

同社は自社コンテンツに投資し、料理・トラベル専門チャンネルとしてブランディングを高めてきた結果、上記のように多くのプラットフォームで採用を勝ち取ることに成功しています。特徴的なのはFacebookのような短編動画のプラットフォームからAppleTVのような長編動画のプラットフォームまで様々なプラットフォームに採用されていることです。同社は一つのコンテンツをFacebookでは短く切って早送りで配信し、AppleTVでは同じシリーズをつなぎ合わせて1時間の長さにするなど、同じシリーズであるにもかかわらず、それをプラットフォームに適した形に加工することでマルチプラットフォームに展開することに成功しています。戦略的に料理というジャンルに特化したのも他社と差別化しやすく、かつ多くのプラットフォームで採用されやすい要因の一つしては挙げられるでしょうが、やはりクオリティの高いコンテンツに投資して動画メディアとしてブランディングを高めてきたこと、プラットフォームに応じた最適な配信方法を研究してきたことが今の成功につながっていると言えるでしょう。

 

海外はもう決算シーズンですね。19日に決算を発表したNetflixは今年600時間分のオリジナルコンテンツに約10億ドルを投資するみたいです(昨年は450時間)。すごいですね。最近では人気YouTuberのNetflixへの番組提供が決まるなど、色んな意味で垣根がなくなってきました。

それではまた!